あなたにぴったりの糖尿病サプリメントが見つかる情報ガイド

糖尿病をサプリで予防・改善HOME » 疑問を解決!糖尿病なんでも知恵袋 » 予防と改善のための食事

予防と改善のための食事

糖尿病の予防や改善に有効な食事のポイントやメニューをご紹介します。

糖尿病予防の天敵!カロリーや糖質の高い食品

糖尿病は、インスリンやその分泌元であるすい臓に何らかの問題が生じて、血糖値が上昇してしまう病気。カロリーや糖分の高いメニューを摂取することは、血糖値を急上昇させてしまうリスクもあり、糖尿病の予防や改善の妨げとなってしまうこともあります。

高カロリーのメニューや糖分(糖質)を多く含んでいる食材を知っておき、なるべく食べないようにするか、量に気をつけるようにしましょう。

【カロリーの高いメニュー】

  • カツカレー1,090cal
  • オムハヤシ1,080cal
  • カツ丼1,020cal
  • てりやきバーガー509cal
  • ポテトチップス(1袋)477cal
  • フライドポテト(M)454cal
  • チョコレート(1枚)363kcal
  • お汁粉(ぜんざい)360cal

【糖分(糖質)の多い食材】

  • 穀類…米、餅、小麦粉、パン、ピザ、トウモロコシ、コーンフレーク
  • イモ類…栗、小豆、カボチャ、ジャガイモ
  • ナッツ類…ピーナッツ
  • 乳製品…ヨーグルト(加糖)
  • 果物類…バナナ

ご覧になっていただくとわかる通り、食事では丼物など、ご飯の量が多めで揚げ物がのっているようなメニューが高カロリーであることがわかります。どんな食事でも食べ過ぎると当然カロリーオーバーになりますが、特に高カロリーのスナック菓子やチョコレート、お汁粉などを食後のデザートなどと言って食べないようにしましょう。

糖尿病の予防や改善につながる食事方法としては、食べる量を腹八分目で抑えることがポイント。ただし、単にカロリーや糖分を控えていたのでは、健康に良い、バランスの取れた栄養摂取は望めません。血糖値のコントロールに役立つようなサプリメントも取り入れ、糖尿病の予防効果を高めると同時に体に必要な栄養を補うことも重要です。

 
糖尿病に悩んでいる人におすすめのサプリメント比較