あなたにぴったりの糖尿病サプリメントが見つかる情報ガイド

糖尿病をサプリで予防・改善HOME » 疑問を解決!糖尿病なんでも知恵袋 » 病院での糖尿病治療とは

病院での糖尿病治療とは

病院で行われている糖尿病治療について、入院治療や検査入院、教育入院などの特徴をご紹介します。

入院治療と検査入院と教育入院の違い

糖尿病の入院治療

高血糖の予防や対策には運動療法や食事療法が有効ですが、一旦糖尿病を発症してしまうと、それだけでは血糖値のコントロールが難しくなります。そのため病院の糖尿病治療では運動療法と食事療法という2本の柱に加え、薬物療法が取り入れられることもあります。

一つ気を付けたいのが薬物療法を実行している際の運動療法の併用。インスリンなどを使った薬物療法を行っている場合は低血糖になってしまう恐れがあるため、万一の場合に備えてジュースなどを持ち歩き、血糖値が高くなっている食後などに運動を行うようにします。医師やトレーナーの指示にはきちんと従うことが大切です。

糖尿病の検査入院

糖尿病の検査入院は、一般的に発症が確認されてから行われます。糖尿病は合併症が多い病気なので、血糖値を測るだけでなく、多くの検査が必要です。検査の中には長い時間を要する病気もあるので、検査入院が必要となります。

検査入院で実施される基本的な検査は血糖値検査、尿糖検査、蛋白尿検査などで、1日を通じて数値を測定し、さまざまな角度から症状を見極めます。糖尿病性網膜症を発症していないか、目の眼底検査や、糖尿病性腎症をチェックするための腹部エコーなども行い、今後入院が必要か否かが判断されます

糖尿病の教育入院

糖尿病の検査入院は、教育入院とセットで行っている病院もあります。インスリン量の低下により血糖値が上がってしまう病気ですが、それだけでなく複数の合併症を引き起こすのが特徴。

しかし、中には糖尿病や血糖コントロールを軽く見ている患者もしばしばいるのが現状です。そこで教育入院では糖尿病とはどんな病気か、血糖コントロールの重要性や合併症の恐ろしさ、適切な運動や食事の指導などが行われ、今後、医師と患者が協力して治療に当たれるような環境を目指します。


糖尿病は一度発症してしまうと完治するのが難しいと言われています。発見も遅れてしまうことが多いので、入院を必要とする以前の段階で自己管理するのが予防の決め手となります。ただ、忙しく働いている人や高齢の人には、運動や食事だけでは上手く血糖をコントロールできないという方も多いはず。

そんな方には血糖値を下げる作用のあるサプリメントがオススメ。成分によっては身体に合わないこともあるため、医師の指示を仰ぐなどして適切に摂取するようにしましょう。

 
糖尿病に悩んでいる人におすすめのサプリメント比較